DCC-factory

2010年7月13日 (火)

ノスタルジックカーショー出展のハコスカ

以前、名古屋ノスタルジックカーショー2010にて、三重のヴィンテージさんのご協力の下DCCコーティングの出展をさせていただきましたデモカー ハコスカGT-Rですが。

出展時と同様、ボンネットを半分づつ施工した状態で、ヴィンテージさんに展示しております。

Dsc_2780

Dsc_2783

左 DCC施工    右 施工前

旧車にもDCCの施工をお考えに方、是非デモカーをご覧になられてはいかがでしょうか?

宮田自動車販売株式会社
クラシックハウス ヴィンテージ

三重県桑名市大字和泉278番地

0594-21-4972

http://www.japan-vintage.com/index.html

DCCファクトリーHPはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

MINIカブリオレに DCCコーティングGOLD施工

新型エンジン184馬力を搭載した、NEWミニカブリオレクーパーSにDCCガラスコーティングGOLDを施工しました。

Dsc_2681

今回は、DCCの凄さがのように伝わってくる、ブラックボディ。

一般的には難しく苦手とされるブラックの塗装ですが、DCCにとっては凄さを伝えるにはもってこいのボディー色です。

Dsc_2683

Dsc_2686

Dsc_2687

この沈み込むような、濡れた感じの艶。

これぞ本物の、 ですね。

Dsc_2688

DCCファクトリーHPはこちらです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2010年5月 1日 (土)

MINIにDCCガラスコーティング施工

Dsc_2611

すでに2年ほど乗られたR56型MINIですが、DCCの技術にかかれば、新車時以上に美しく艶のある、魅力的なボディーに変身します。

特に、濃厚色ボディーは沈み込むような色の深みと、廻りの写りこみに驚かれるかと思います。

Dsc_2620

Dsc_2623 

もちろん、濃い色のお車だけでなく、白系のお車であっても、クリアーペイントを施したかのような艶と、すっきり感が良くわかります。

Dsc_2625_2

ただいま、ホイール&ナンバープレート コーティングをサービス中ですので、気になった方は今施工されると大変お得ですよ。

Dsc_2615

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2010年4月 2日 (金)

MINIに究極のボディーガラスコーティングD-クリスタル・ゴールドを施工しました。

Dsc_2296

少し前の施工ではありますが、ご紹介させていただきます。

クーパーS専用色のレーザーブルーは、いわゆるメタリックブルーです。

Dsc_2290

メタリックペイントは、塗膜中のメタリック粒子に光が反射し、キラキラと美しい輝きを見せてくれるものですが、トップコートされているクリアーがくすんでいたり、スクラッチなどで、光が届かない、もしくは光が偏光してしまうと、せっかくのメタリックペイントが輝かず、死んでしまいます。

特にシルバーが、年数を重ねると洗車してもグレーっぽく見えてしまうのはそのせいです。

D-クリスタルコートは輝きを失ってしまったメタリックボディーも、完璧以上に蘇えらせ、極厚のガラス膜が、洗車や雨・ホコリからボディーを強固に守ります。

よる、ライトに照らされ輝く姿は、ホント美しい物ですね。

Dsc_2291

Dsc_2295

ちなみにこちらのお車、外装にも手を加えていただきました。

Dsc_0862

Dsc_0871 

3Dデザインのフロントカーボンスポイラー&リアカーボンディフューザー

そして、写真にはございませんが、ブルーウェーブ、ハイパフォーマンスマフラー

17インチRSワタナベ、2Pホイールセットも装着いただいてます。

お問い合わせはDCCファクトリーHPまで。

もしくはBMWMINIファクトリーまで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

2010年3月26日 (金)

シエンタにオーディオ&DCCガラスコーティング施工しました。

今回は、こちらのシエンタにオーディオとD-クリスタルコートの施工です。

Dsc_2358

まずは、オーディオ。

Dsc_2387

ヘッドユニットには、ここの所定番というほど人気のカロッツェリア「DEH-P01」。

事細かな調整ができるため、どんな環境の車両でもベストなセッティングが可能です。

Dsc_2381

スピーカーには、フランスの有名ブランドFOCALから発売される、30周年記念モデル「165V30」をチョイス。

伸びのある中域と艶やかな高音が見事なハーモニーを奏でてくれます。

メリハリあるサウンドは、JAZZをはじめ、ROCK・J-POPなど、幅広いジャンルに対応し、ドライブを楽しくしてくれます。

そして外装は、もちろん。

Dsc_2364

Dsc_2372

Dsc_2379

究極の艶やかさ、吸い込まれるような深み、半永久的に安心を与えてくれる耐久性でおなじみ、D-クリスタルコート。

世の中に存在するガラスコーティングでは、右に出るものは間違い無くないでしょう。

ソウワオーディオファクトリーHPはこちら

DCCファクトリーHPはこちら

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

2010年2月21日 (日)

DCCガラスコーティングレクサスRXに施工しました

Dsc_0843

爽やかなホワイトボディーのレクサスRXにDCCガラスコーティング「D-クリスタル ゴールド」を施工しました。

レスサスは元々塗装目の仕上がりが良く、きれいな肌をしていますが、それを更に鏡面になるまで磨き上げ、5,0ミクロンのガラス皮膜を形成することで、雨の汚れや、鳥のフン、鉄粉の付着など、様々な攻撃からボディーを守り、半永久的な輝きを実現してくれます。

Dsc_0844

Dsc_0845

勿論、ホワイトだけでなく、通常苦手とされるブラックボディーも得意とするのがDCCの凄さですので、お気軽にご相談ください。

DCC factory HPはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2009年11月15日 (日)

R56MINIに究極の輝きを!

Dsc_1619

前車クーパーにもDCCコーティングを施工していただき、とても気に入っていただいていたお客様が、クーパーSのチリレッドに乗り換え、今回もDCCコーティングゴールドを施工していただきました。

Dsc_1624

ミニは、ボンネットの曲線が特徴的で、しかも今回はその発色の良さと、艶やかさが強調されるレッドボディーなので、美しさが際立ちますね。

Dsc_1626

DCCコーティングは、洗車が非常に楽なことも去ることながら、他メーカーガラスコーティングの約20倍(ゴールド)にもなる、分厚いガラス膜がボディーを被い塗装には対敵な鉄粉も一切刺さらない強固なボディーが、半永久的に持続する強度を持ちます。

これは、DCCが異常に優れていると言うよりも、本来ガラスと言う物質は、解けることも無く、剥がれる事もまずありえないものですから、DCCの持つガラス膜が本来持つべき姿なのではないかと私は思っています。

だからこそ、メーカー保証10年と言う、他に例を見ない保証体制を持ち続けているのですね。

DCCファクトリーのHPはこちら

2009年9月18日 (金)

名古屋ドリームカーショー出展します

明日より秋の大型連休「シルバーウィーク」が、始まりますね。

Nagoya_poster_b

その連休中に、車好きには、定番の名古屋ドリームカーショー2009が、ポートメッセ名古屋で開催されます。

私たち、DCCファクトリーも、より多くの皆様に、本物のボディガラスコーティングを自らの目で確認、知っていただく為、デモカー3台を用意し、会場中央付近に、ブースを出展しております。

今回用意させていただいたデモカーは、「ポルシェカイエン、ブラックボディ」「ランボルギーニムルシエラゴ、イエローパールボディ」「BMWアルピナB3、アルピナブルーメタリックボディ」の3台で、すべてDCCプラチナを施工済みです。

当日は、DCC本社の社長も会場に居ますので、DCCの素晴らしさや、コダワリが直接聞けると思います。

今すでに、DCCを施工されている人も、これからコーティングを施工したい人も、会場に遊びに来てください。

お待ちしています。

DCCファクトリー HPこちら

2009年9月 3日 (木)

DCC ガラスコーティング MINIに施工!

本日は、DCCガラスコーティングゴールドを、MINI R53に施工しました。

Dsc_1353

今回のお車は、ボディー色がブラックのため、施工前は、洗車キズ等によりシロボケた感じでスッキリしない状態でしたが、磨きこんでいく度に、透き通った輝きを取り戻し良い肌を見せてくれるようになりました。

この磨きの段階で、あきらかな違いが出てくることがDCCトータルディティーリングの、凄さであり、魅力です。

Dsc_1354

その後、ガラスコーティングを施工する事で、瑞々しく、鏡のような、ボディーが完成しました。

難しく思われがちな、ブラックボディーこそDCCの得意分野ですね。

Dsc_1359

DCCfactory HPはこちらです。

2009年8月30日 (日)

20倍ガラスコーティング D-クリスタルコート施工!!

Dsc_1192

今回は、まだ納車前のアルファードをゴールドコースにて施工させていただきました。

今回撮影させていただいたのが、夕刻でしたので少し解りづらいかもしれませんが、なんだか吸い込まれていくような、スッキリとした深みある光沢になりました。

Dsc_1209

Dsc_1202

新車でも違いがわかる、これがDCCの凄さですね。

勿論、定番のナンバープレートコーティングをさせていただいてます。

ナンバーをコーティングすることで、走行中に飛び付いてしまう「虫」が、簡単に落ちてくれるようになります。

この時期には、必需品ですね。

只今、ナンバープレート&ホイールコーティングサービス期間中ですので、皆様この機会をお見逃し無く!!

DCCfactory HPはこちらです。