« R56クーパーに、Fルックヘッドライト装着。 | トップページ | クラブマンにクーパグリル&ステアリング装着! »

2015年10月 7日 (水)

DCCファクトリー名古屋 AMG C63に DCCプラチナブラック施工

今回は忘れず、一連の流れを撮影しましたので、しっかりご紹介しますね。

お客様は、すでに7台目のご依頼を頂いています、常連様。

車両はメルセデスベンツ C63 AMG

250キロまであっという間の、おっそろしい車です。

Dsc_0981

Dsc_0982

まずは、5年間の汚れコーティングとワックスや油分を、分解洗剤「DCCハイブリッドシャンプー」でしっかり浮かせて、除去します。

 

さて、汚れが取れてスッキリ地肌が見えてきましたよ~

Dsc_0998

Dsc_0993

な、何じゃこりゃー!!!

ただでさえ、メルセデスの塗装は硬く、磨くのに手間がかかるのですが・・・

恐ろしいほどのスクラッチキズ。

これは5工程ほどの磨き作業になりそう。

Dsc_1000

あとはとにかく、ひたすら磨き続けるのみ。

三日三晩磨き続け・・・(徹夜はしてませんけどね)

Dsc_1001

ピッカ~~~ン!

磨き終わりましたよ。

すごい深みと、艶。

でも、まだコーティング前ですよ。

DCCは、専用のコンパウンドと専用のバフを使い磨き上げるのですが、この時点でコーティングに頼らない磨き上げが、最高の仕上げにつながるんです。

Dsc_0152

今回は、濃厚色専用のプラチナブラックを使用します。

プラチナブラックは、光の反射率をコントロールし、光沢だけでなく、色の深み・艶をより強調するように設計されており、高級感が増すのです。

Dsc_1004

Dsc_1002

10ミクロンの膜厚をしっかり形成するため、液剤をたっぷり使い手早く塗りこんでいきます。

ちなみに、ちまたによく存在する、ガラスコーティングは平均0.25ミクロンですから、DCCプラチナの場合40倍ですね~。

このあと、タイミングを見計らい、2段階で拭きあげをし、1昼夜乾燥を行います。

Dsc_1010

乾燥が終わりましたら、一度洗車を行い、撥水保護材「IONコート」にて撥水・防汚処理を行い、いよいよ完成です。

Dsc_1013

離れていても、ちゅるんちゅるん具合が伝わってきますね~。

Dsc_1008

そりゃ映りますよ。

ビルも青空も鏡のように。

 

あなたの愛車も、ちゅるんちゅるんにしませんか~??

お問い合わせ、ご依頼はお気軽に

SOUWA TEL 052-321-0007

SOUWA HP はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

   

« R56クーパーに、Fルックヘッドライト装着。 | トップページ | クラブマンにクーパグリル&ステアリング装着! »

「DCC-factory」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/485749/61945159

この記事へのトラックバック一覧です: DCCファクトリー名古屋 AMG C63に DCCプラチナブラック施工:

« R56クーパーに、Fルックヘッドライト装着。 | トップページ | クラブマンにクーパグリル&ステアリング装着! »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ