« R60クロスオーバー インナーブラック施工開始! | トップページ | メルセデス C63AMGに DCC NEWプラチナ 施工しました。 »

2013年2月 1日 (金)

ポルシェボクスターにDCCコーティング NEWプラチナ施工

以前にもご紹介した、ポルシェ991同様、NEWプラチナの施工を今回はボクスターに行いました。

  

このお車、前オーナー様より譲り受けた2007年製で、大変良くメンテナンスされておりましたが、洗車回数が多ければ多いほど、スクラッチ(洗車キズ)は避けられない問題です。

実際ライトを当ててみると、グリグリ~って、洗車跡がボディー全体に・・・

これが原因で、色の深みが出ず、表面で乱反射してしまった光は、なんだかモタッとした艶になってしまいます。

これに、DCCの技術と、最新モデルNEWプラチナの極厚ガラス膜で新車以上の、ツヤッツヤボディーに仕上げました。

Dsc_0075

 

ちなみに、DCCプラチナコーティングは、ガラス膜厚10ミクロン前後。有名他社さんのガラスコーティングは0.25ミクロン前後。

約40倍にまでなるガラス膜

映り込みが違いすぎますぅ!!

Dsc_0077

これは、他社さんがコーティング液剤に含まれるガラス成分20~30パーセントに対して、DCCでは、全グレード95パーセント以上のガラス成分で作られ、透明度が極限まで高いからこそなせる業らしいです。残りの5パーセントは、ひび割れを防止するための成分だとか・・・

じゃないと、飛び石で割れちゃいますからね。

こんなことを知り、それを目の当たりにしているからこそ、DCC以外勧めれなくなってしまったんですよね。

Dsc_0079

Dsc_0082

Dsc_0083

しかし、ポルシェのリアビューってセクシィheartだな~。

DCCファクトリーのHPはこちらです

 

 

 

  

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

     

« R60クロスオーバー インナーブラック施工開始! | トップページ | メルセデス C63AMGに DCC NEWプラチナ 施工しました。 »

「DCC-factory」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/485749/49104662

この記事へのトラックバック一覧です: ポルシェボクスターにDCCコーティング NEWプラチナ施工:

« R60クロスオーバー インナーブラック施工開始! | トップページ | メルセデス C63AMGに DCC NEWプラチナ 施工しました。 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ