« APレーシングBIGブレーキ装着+α | トップページ | クラブマン、カッコ良く、そしてちょ~速くなりました。 »

2012年7月21日 (土)

新型ポルシェ991にDCCボディーコーティング プラチナ施工!

DCCプラチナ、それは最高で、最強のコーティングです。

世界中どこを探しても、透明感、光沢、深み、耐久性どれをとってもこのコーティングに勝るものは存在しないでしょう。

だからこそ約束できる10年保証。

自信の証です。

Dsc_0012_2

一般的に施工されているガラスコーティングは、測定器で測るとほとんどが0.25ミクロン程度、しかもガラスと言っても液剤に含まれるガラス成分の含有量はせいぜい30%ほど。

これでは、膜厚もとれず、耐久性も持たないのは当然。

かと言って、ガラス含有量を増やすだけでは、他社の技術では純度が低く、透明感も出ない為仕方が無いと、DCC社長の論。

それに対しDCCでは、コーティング液剤開発だけではなく、高純度にあらゆる物を抽出できるプラント技術を開発し用いることで、コーティング液剤はもちろん、コンパウンドやその他メンテナンスアイテム・エンジンコート添加剤を作り上げています。

だからこそ、ガラス純度約95%のコーティング液剤により、最高の仕上がりが完成するのです。ちなみに、残りの5%は、飛び石等による傷が入った際、クラックを防止する為含まれる弾力成分です。

DCCゴールドでは、5ミクロンの膜厚が形成されますが、プラチナはさらに倍の10ミクロン。

他メーカーの追従を許さない、仕上がりと耐久性はここから生まれてくるのです。

さて、今回施工車両の紹介です。

当店でも、初お目見えのポルシェ991。

Dsc_0010

カッコいい!! 

Dsc_0013

Dsc_0014

では無くて、プラチナならではのパリッと硬い感じで、しかも濡れたような滑らかさ、いい光沢に仕上がりました。

合わせて、ユピテルレーダー探知機と、当店オリジナルのステルスバックカメラを装着いたしました。

Dsc_0017

Dsc_0015

カメラ何処にあるかわかります?

ナンバー真ん中上部ですよ。。

ソウワHPはこちらですhttp://www.souwa-wel.com/

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

    

« APレーシングBIGブレーキ装着+α | トップページ | クラブマン、カッコ良く、そしてちょ~速くなりました。 »

「DCC-factory」カテゴリの記事

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ